The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
「子ども・若者ビジョン」
2010-08-07 Sat 10:44

「子ども・若者ビジョン」が7月23日に決定されました。

7月23日に、政府(子ども・若者育成支援推進本部)が「子ども・
若者育成支援推進法」に基づく大綱として「子ども・若者ビジョン」を
決定しました。

こちらから見ることができます。
http://www8.cao.go.jp/youth/wakugumi.html

障がい者・発達障害についてもかなりの行数を割いています。
子育て・青少年育成のなかで、障がいのある子も一貫して施策を
考える方向性は評価できると思います。
「インクルーシブ教育システム」といったことや、「発達障害者支援
センター」の充実も明記されていますが、現実の施策にどのように
落とし込まれるかは、これから注視必要でしょう。

【重点課題】
3つの重点課題の2番目「困難を有する子ども・若者やその家族を
支援する取組」の中で、困難のひとつに「障害」を挙げています。

【施策の基本的方向】
また、「子ども・若者等に対する施策の基本的方向」において、
「障害のある子ども・若者の支援」として、下記の施策を挙げて
います。

(障害のある子ども・若者の支援)
障がい者制度改革推進本部の方針を踏まえて、障害のある子ども・
若者の支援を含む障害者制度の改革を推進します。
また、障害のある子ども・若者の自立や社会参加に向けた主体的な
取組を支援するという視点に立ち、適切な指導及び必要な支援を
行う特別支援教育を推進するとともに、その推進の在り方について、
インクルーシブ教育システムの構築という障害者権利条約の理念を
踏まえた検討を行います。
さらに、障害のある子ども・若者が身近な地域で安心して生活できる
よう在宅サービスや放課後支援の充実を図るなど、障害の特性に
配慮した適切な支援が提供されるよう取組を推進します。

(発達障害のある子ども・若者の支援)
医療、保健、福祉、教育関係機関等の連携が重要であることから、
「発達障害者支援センター」を核とした地域支援体制の強化を推進
します。
健康診査等を通じた早期発見に努めるほか、保健指導手引書の
普及等により適切な相談・指導の実施を推進します。
発達が気になる段階からの支援や、学校、相談支援事業所等に
おいて、発達の段階に応じた適切な指導等を行うとともに、「発達
障害教育情報センター」、「発達障害情報センター」等において、
発達障害についての正しい理解の啓発や情報提供等の充実を
図ります。

(障害者に対する就労支援等)
障害者雇用率を柱とした障害者雇用の一層の促進を図るとともに、
ハローワークを中心に、福祉・教育機関と連携した「障害者就労支援
チーム」による支援を行うこと等により、就職の準備段階から職場
定着迄の一貫した支援を展開します。併せて、様々な障害の態様や
ニーズを踏まえた職業訓練機会を確保します。
学校において、産業界や労働関係機関との連携の下、就業体験の
機会を積極的に設けるなどして職業教育の充実を図ります。
また、授産施設等で働く障害のある人の工賃水準の引上げ等に
取り組むとともに、企業等で働く機会を増やすため福祉的就労から
一般雇用への移行促進を図ります。

詳しくは、内閣府ホームページ(上記URL)をご覧下さい。


別窓 | 行政等の動き | コメント:0
<<「広島市に子どもの権利条例を!」のシンポジウムのご案内 | NPO法人 広島自閉症協会 | 発達障害者支援セミナー(広島市) 「発達障害の理解とテクノロジーを活用した支援」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| NPO法人 広島自閉症協会 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。